不動産担保ローンを活用する
不動産担保ローンは、自身の不動産を担保にしてローンを受ける方法です。
担保を設定するため、高額の借り入れに対応できるのが特徴です。
カードローンやキャッシングの場合だと、多くても500万円程度の借り入れになりますが、不動産担保ローンならば1億や2億の借り入れにも対応できます。
不動産担保ローンの借り入れは、少し時間がかかります。
担保の査定をするために時間を要するため、すぐに借りたいときには適していません。
住宅を購入したり、事業を展開したりする前に、事前にスケジュールを立てておき、ローンを申し込むことになります。
審査に関しては、公務員などの安定収入のある人のほうが有利になりますが、無担保ローンほどは関係しません。
担保の価値が高ければ、ローンを利用できることがほとんどです。
ただし、担保の価値と同額の借り入れはできないため、70%程度に考えておくのが無難でしょう。
1億の物件を担保に入れる場合は、7000万円程度までの借り入れができるのが普通です。