仕事の業務を覚えるために研修は必要です。

社会に出て働くようになると、さまざまな事を覚えていかなければなりません。
勤め先の会社の業務に関する知識がないと仕事にならないからです。
そして新入社員が入社してきたらまず、その会社の業務を知るために数ヶ月にわたって研修を受けることになります。
この研修は講義形式のものもありますが、実際に仕事現場に出て、業務をしながら仕事を覚えていくのもあります。
またさまざまな業種で社会人も定期的に業務に関する研修を受けています。
業務に関する知識は時とともに常に変化するので、やはり常に最新の知識を取得していなければなりません。
つまり何の業務においても日々勉強ということになります。
研修は仕事の業務を覚えるためには必要のものだと言えます。