キャッシングの利息はどうやって計算するの?

消費者金融や信販会社はもとより、都市銀行も新たに参入している個人向けキャッシングサービスの利用者数は増加しています。
サービスを提供する金融機関や企業が増えたためサービス面でも競争も激化しており、貸出金利を比較検討のポイントとする人も多いです。
確かに返済に当たって貸出金利が低ければ低いほど返済額は低く抑えることができます。
貸出金利の利率は無視できない重要な要素ですが、申し込みの時に注目すべきポイントは他にもあるのです。
金利と返済額の関係は、実際に計算してみると理解が深まります。
貸出金利が15%だったとして、2万円を1ヶ月借りたとしましょう。
計算式は20,000円×金利が15%÷365×1ヶ月(30日)となります。
1ヶ月間につく利息は約247円です。
キャッシングは利息が高いから一度借りると返済が大変と考えてしまう方もおられますが、実際計算してみるとそれほど利息は大きな金額にならないのです。